カテゴリ:2009 Spain, Portgue( 35 )

RenfeのMadrid-Barcelona線

スペイン国鉄RenfeのMadrid-Barcelona線の動画。YoutubeのRenfeチャンネルから。
あぁ、私ってば、こんな風景のほとんどを見逃していたなんて!!駅の風景と、車窓から見た風車が懐かしい。

タイトルは、"El Ave de Renfe Madrid-Barcelona cumple 2 años con 52 trenes diarios y casi 6 millones de viajeros” 。
スペイン語わからないけど、単語から察するに、2年間1日52便を走らせて、600万人の利用者があった、ということ?
マドリッド、バルセロナは旅行者が必ず行くであろうところ。回しものじゃないけど、この都市間の移動はほんとに、AVEがお勧め。予定が決まっているなら、Renfeサイトで早割チケットが安く買えるし。


[PR]
by ChristineS | 2010-06-11 22:59 | 2009 Spain, Portgue

旅行記Index

7/23 1日目。リスボンへ
7/25 2日目。ベレン観光
7/26 3日目。ロカ岬とシントラ日帰り
7/31 4日目。アルファマ地区へ
8/1 リスボンは危険か?
8/4  5日目。スペイン上陸。トレドへ
8/5 6日目。ソフィア王妃芸術センターとバルセロナへ
8/10 7日目。バルセロナ観光(1)
8/14 7日目。バルセロナ観光(2)
8/17 8日目。バルセロナ観光2日目
8/21 9日目。帰国日
8/21 戦利品
8/25 スペインは危険か?
[PR]
by ChristineS | 2009-09-27 12:26 | 2009 Spain, Portgue

リベルターデ通りで

地元の吹奏楽団だろうか?日曜日の昼間。



[PR]
by ChristineS | 2009-08-27 18:12 | 2009 Spain, Portgue

スペインは危険か?

ポルトガルもさることながら、スペインも詐欺にあった、首絞め強盗にあった、地下鉄は盗人だらけで危険・・・と、物騒な情報がいっぱいだったので、特にバルセロナとマドリッドは警戒度マックスで上陸した。
まあ、今回は暑すぎて泥棒も仕事どころじゃなかったのかどうかは不明だが、とりあえず怪しい人もみかけず、-獲物を狙うような行動や目をしている人は、見てわかりそうだし-何も盗られずに帰ってきた。

というか、むしろ私にはやっぱり、この辺歩いていたら前から後ろから横から何がくるかわからない気がしてならないJR大阪駅近辺や難波・心斎橋、大阪の地下鉄の一部の路線の方が、10倍恐ろしい雰囲気をかもし出しているように思える。
普段からこの辺を歩く時と同じように歩いているので、スペインでもあまりぼーっとはしていなかったと思うし、「ここに住んでいるのよ!」くらいの歩き方をしていた(つもり)し。
(まあ、住んでいる人間は、昼間から観光名所で写真を撮りまくったりしないが)
混雑していないから、満員電車と違って人が必要以上に近寄ってきたらよけることで、ある程度被害に遭うのは防げるだろうし。(いきなり首を絞められたらどうしようもないが)

f0005602_1033286.jpg
f0005602_10345392.jpg
f0005602_10354934.jpgバルセロナやマドリの地下鉄も、地下だからというのもあって「きわめて安全」な感じは受けないが、あまり遅い時間には乗らないようにして、普通に回りに注意して、人が歩いている時間なら流れに乗り遅れないように移動するくらいしか防犯対策は思いつかない。あと、無意味に財布を出してお金数えたりしないとか?
が、バルセロナの地下鉄駅では、時々日本語「スリがあなたを狙っています。手荷物には十分ご注意ください!」なんてアナウンスが流れていたので、日本人のスリ被害はかなり多いのかも、と思った。このアナウンスの方がよほどびくっ!とさせられるが。
[PR]
by ChristineS | 2009-08-19 10:12 | 2009 Spain, Portgue

戦利品

結果的に、買い物はほとんどリスボンで。スペインでは買い物に割く時間があまりなかった。

リスボンとトレドのZARAでゲットしたセール品。もう1着写真にはないがピンクのセーターも購入。
青いブラウスは25.90ユーロで高い!と思ったがよーく見るとSilk100%の贅沢品だった。
f0005602_22355889.jpg

リスボンのスーパーで買ったいわしの缶詰とスープの素。まだ食べていないが、同僚によるといわし缶は激ウマだったらしい。写真にはないけどオリーブオイルも買ったのだが、一番小さいのでも500ml。2本買ったから重い・・・。
f0005602_22144763.jpg

リスボンで買ったアズレージョとネックレス。
f0005602_22225594.jpg

f0005602_22232156.jpg

トレドのサン・トメで買ったマザパン。修道女のおばあちゃんが一人で切り盛りしていた。
f0005602_22173723.jpg

f0005602_22175263.jpg

ポルトワインミニサイズ(緑のボトル)とヘルシンキの空港で買ったLakkaリキュールミニボトル。右端はコリアンダーペースト。
f0005602_22164178.jpg

ピカソ美術館で買ったピカソとダリの本。
f0005602_22241060.jpg

バルセロナのセフォラとSferaで買ったアイシャドーとネックレス。
f0005602_22265441.jpg

バルセロナとヘルシンキの空港で買ったチーズ。上二つがバルセロナで買ったもの。下の銀色パッケージは青カビチーズ!
f0005602_22181357.jpg

ヘルシンキの空港で。GEISHAチョコ
f0005602_22191721.jpg

同じくヘルシンキの空港で。ライ麦パン?かの黒いパン。
f0005602_22215835.jpg


最後に、フィンランドマニア仲間のKieloさんへの救援物資。端からみたら黒いものばかりで怪しい?スペインで買ったスープの素と、サルミアッキウォッカ、キャンディ。(送るの遅くなってすみません~)
f0005602_22283291.jpg

[PR]
by ChristineS | 2009-08-18 10:45 | 2009 Spain, Portgue

帰国

今朝到着の便で帰国しました~。
スペインもポルトガルも酷暑で、その割りにギューギューの日程を組んだので今までになく疲れた。
日本発往復はExit席を取ったのに。
Exitといえば復路のExitに乗ってきた客は、決してExitに座ってはいけないようなD●N3人組だったのだけど、この話は後ほど。

夜遅くににバルセロナの目抜き通りを歩いたりもしていたけど、散々ビビっていたひったくりやスリに遭うこともなく、トラブルといえば、日焼け止めも効かないくらいの猛暑で真っ黒になったこと、その日焼け止めにかぶれて首大変なことになっていることくらいか。

後日旅日記更新予定。
まだ写真も落としていない。けど700枚くらい撮っている勢い。何で?
[PR]
by ChristineS | 2009-07-20 22:07 | 2009 Spain, Portgue

9日目。帰国日

シャワーを浴びて、ホテルをチェックアウト。
最初はカタルーニャ広場へタクシーで行き、そこから空港行きのシャトルバスに乗るつもりで、前日ホテルでタクシー予約をしようとしたら、

「なんて~こと。ここから歩いて10分くらいなんだから歩いた方がいい」
「荷物一杯あるんですが・・・、それに朝早いですし」
「大丈夫!10分だから」

と却下されたので、朝6時台にスーツケースを転がし、貴重品全て身につけた状態でカタルーニャ広場へ。
さすがにこの時間は人が少ない。あまりお勧めしないが、とりあえず誰からも狙われることなく、シャトルバスに乗車。
渋滞するかと思って早めにバス乗り場へ行ったが、渋滞どころかガイドブックに書かれている目安時間より大幅に短い時間であっ!という間にエル・プラット空港に到着。出発3時間前だよ・・・。オンラインチェックインもしていたし、最後サン・ジュセップ市場で朝食ゲットしてからでも余裕だったなぁ。(涙)


f0005602_2147513.jpg荷物をチェックインした後、スペインで生ハムをまだ食べていなかったことを思い出し、生ハムバゲットとオレンジジュースの朝食を食べ(奮発してイベリコ豚。空港なのに美味しい)、ZARAまであって意外と充実したお店をのぞき、チーズを買い(冷蔵庫が部屋にあれば街中のスーパーで買ったのだが)、搭乗を待つ・・・。

f0005602_21485830.jpg
f0005602_21495987.jpg機内へはバスで移動するのだが、出発10分前になってもバスが出発する気配がなく、これじゃぁ完璧ディレイだと心配していたら、隣のおばちゃんが、搭乗券を見せてスペイン語で話しかけてきた。

「ディエス(10)」どうやら同じ10:00の飛行機と言いたいようで・・・・、最終的に自分は「ソロ」一人旅だということ、日本人だということを伝えることが出来、おばちゃんはグループツアーでモスクワとサンクトペテブルグに行くらしいということが解った(爆)。最後、"#♪$*@★♭"と言って分かれたのだが、多分「良い旅を」ということだったのだろう。私も、"#♪$*@★♭"とオウム返ししたが。

予想通り、ヘルシンキ行きは30分ほど遅れて出発。
しかし、どこで30分の遅れをリカバリーしたのか、ヴァンター空港には定刻どおり到着。このフライト、スペイン人率90%以上っぽく、にぎやかで、CAも私にスペイン語で飲み物は?と聞いてくるくらいでまさにカオス状態。
↑のおばちゃんみたいにロシアに行く人、日本に行く人(ようこそ!)、上海に行く人それぞれ。
この時点で私はヴァンター空港でのショッピング時間が短くなるなぁ、と思っていたのだが、同時に↑のおばちゃんは乗り継ぎの時全力疾走しないといけないのではと心配になった。モスクワ行きの乗り継ぎは搭乗券を見たら1時間くらいだったから・・・。
ハイテンションなスペイン人。到着時に拍手が起きた。こんなん初めて。
そうそう。バルセロナ積み込みのベジタリアンミール、機内食ベスト3に入るくらい美味しかった。野菜をグリルしてあるのに袋入りのオリーブオイルをかけたものだけど、記憶にある限りで初めて機内食のメインを完食。

ヴァンター到着後、第二ターミナルに移動し、今度はフィンランドグッズをゲット。往路である程度あたりをつけていたからスムーズに買い物ができ、どこかの子供が携帯で「xxxxxxFinnair T-shirts! xxxxxxFinnair T-shirts!.........OK!!!!!!!」とか叫んでいる様子に、父親と笑い転げる余裕もあり。
重たい買い物袋を下げ、いつも中国便とかち合うイミグレへ早めに行くことに。中国便だけじゃなく、まあ、関空、成田、名古屋の日本行きの便がそれこそ5分おきに出発する勢いなので中国便がなくても混むのだが。

関空行きも機材のメンテか何かでディレイ。まあ、ディレイの理由は1.パイロットに何かが起きた 2.天候が思わしくない 3.機材に異常あり のどれかがほとんどで、そんな飛行機には乗りたくないからいいんだけど。
ディレイより許せなかったのが、前述したD●N3人組だってば。壊滅的にクルーとコンプライできない(ふりをしている?)様子を見ると・・・。
このD●N3人組に対応していたのがレオナルド・ディカプリオの一番かっこよかった頃を日焼けさせて髪の色を黒くしたような超イケメン053.gifだった。
3人組、「もぅ、あの人の言うことなら何でも聞く!」
(何でも聞くって、それ以前になーんにも理解できてないぞ!
ディカプリオCAが気の毒だったが、更に追い討ち。
私、日本語で「だ・か・ら!安全上の理由から、離着陸中は荷物は全て上に入れてくださいといわれているんです!」
と横から口をはさんだのにまぎれてもう一枚毛布をもらおうとイケメンCAに声をかけた。
"May I have another branket if you have extra one?"(もう一枚余分毛布があったらもらえますか)
"Yes, I'll check it out." (確認してきます)
"Thank you. ...When you have spare time."(ありがとう。手の開いている時でいいので)

で、すぐに毛布を持ってきてくれたのだが、それを見た3人組、「私も私も~~~~~!!!!!」と叫ぶ。私も私も、が通じてしまうのがすごいのだが、やはり "I will check if we have 3 brankets and get back to you."がわからないようで暴れかけている。・・・だ~か~ら~・・・!

それでも搭乗は無事に終わり、飛行機は無事離陸。
見た映画はケイト・ウィンスレット主演の「愛を読む人」。やはりエンジン音で音声の聞き取りにますます苦労するのだが、どっちにしても、こんな新しい映画を導入するとはすごいぞ、フィンエア!
ナチス時代収容所で働いていた過去を持つ主人公と親子ほど年の離れた少年との恋愛。別れてしまった二人が偶然再会したのはよりにもよってケイト・ウィンスレットが演じる主人公の裁判の席。裁判の結果は、そして2人の結末は・・・?

1回目の機内食を食べた後は、ひたすら水を飲んで爆睡。爆睡しすぎて朝食を食べ損ねた(泣)。
さすがに家に着くまでには耐えられないくらいお腹がすいていた。

現地で買ってきたものやこの旅行記に載せていないことも後日付け足すけれど、とりあえず旅行記はおしまい。
読んでくださった皆様~ありがとうございました。
[PR]
by ChristineS | 2009-07-19 09:11 | 2009 Spain, Portgue

8日目。バルセロナ観光2日目

バルセロナを観光できるのは実質この日が最後。
まずサン・ジュセップ市場で腹ごしらえ。昨日サグラダ・ファミリアでアタマが一杯になって、行き忘れたのだ。せっかく市場の近くに泊まっているというのに!
肉の塊、生きたエビ・・・。やっぱり市場は楽しい!!070.gif
f0005602_2245314.jpg

f0005602_2245427.jpg

f0005602_22442532.jpg

ここでビタミン補給と朝食。オレンジジュースはオレンジ丸ごと絞ってくれる。
f0005602_22362658.jpg

二日目は新市街へ。まずはペドラルベス修道院を目指す。
地下鉄マリア・クリスティーナ駅から徒歩10分とガイドブックには書いてあったが、しょっぱなからどっちの方向に歩けばいいのかわからず、座っていたおじいさんに地図を見せながら聞いてみる。

「エル・コルテ・イングレスはここで・・・、駅はここで・・・、うーん。まっすぐ行って右だね。」
・・・と説明してくれたと思う。

新市街は、前日に回った旧市街とはまったく違う雰囲気。きちんと手入れされた緑とま~っすぐ伸びた道路が印象的。
f0005602_22432142.jpg

マリア・クリスティーナ駅を出たら、イングレスを背中にしてまっすぐ歩き、小さな広場(ピウス12世広場。プリンセサ・ソフィア・グラン・オテルが目印になる)を右に曲がってひたすら上り坂をまっすぐ歩くと、途中グエル別邸があり、更にまっすぐ歩くと目の前に修道院が現れる。
f0005602_2237168.jpg

ひたすら、ただひたすら炎天下058.gifを歩くのだ。市場で買ったカットフルーツを食べながら・・・。怪しい。
実際は徒歩20分くらいなので要注意。
f0005602_22383086.jpg

私が歩いていた時は見事に人がいなくて不安なくらいだったが、修道院にはまばらに観光客がいた。
ここは、無条件にオーディオガイド付き。ただ、日本語はない。
個人的にはリスボンのアズレージョがきれいな修道院の方が好きかも。
f0005602_2239590.jpg

f0005602_22395749.jpg

f0005602_22421742.jpg


More
[PR]
by ChristineS | 2009-07-18 18:34 | 2009 Spain, Portgue

7日目。バルセロナ観光(2)

チケット売り場の長蛇の列が落ち着いた時間に再び、ピカソ美術館へ。
美術館への道のりもなんだか趣がある。この辺、つまり旧市街はまたしても治安が悪いと言われているところだが、観光客が集まり、かつ細い道のせいだろうか。まあ、夜中は危ないかもしれない。実際夕方明るい頃にしか歩いていないからわからないが。
f0005602_2355617.jpg

f0005602_23632100.jpg

殆ど並ぶことなく9ユーロ払って館内へ。ここもカードで支払えるのか!と変なところで感心。
ソフィア王妃芸術センターで免疫がついていたとはいえ、芸術のことは殆どわからない私でも何か迫ってくるものを感じたし、胸が痛むものもあった。"Mother with dead child"の絵とか。(ソフィア王妃芸術センターで見たものと混乱しているかもしれないが)
キレ易い小中学生は、変な殺人ゲームに金と時間を使うなら、こういうところでこのような絵でも見た方がいい。国内なら、飛行機代かからないから、美術館の入場料の方が安い。・・・といいつつ、自分の沸点の低さは相変わらずなのでえらそうなことは言えないが。

More
[PR]
by ChristineS | 2009-07-17 23:58 | 2009 Spain, Portgue

7日目。バルセロナ観光(1)

気合入れて朝9:30ごろから行動開始。
まずはバルセロナへ来たら観光客は必ず見ると思われるサグラダ・ファミリアへ。
バルセロナ到着後初の地下鉄。10回回数券T-10(テ・ディエス)をまず購入。クレジットカードでも買える。すごい!

サグラダ・ファミリアへは地下鉄サグラダ・ファミリア駅からすぐ。サインも出ているので迷わず到着。
カフェで朝食のドーナツを食べ、外観の写真を撮ってからチケット売り場へ。11ユーロもするのか。

じゃんっ!
やっと、やっと見れたサグラダ・ファミリア。マドリッドをすっとばしてまでバルセロナに上陸した目的はこれだったもんね。でかすぎて全部入らない。
f0005602_1554915.jpg


More
[PR]
by ChristineS | 2009-07-17 22:21 | 2009 Spain, Portgue


"Mita kuuluu"? は英語で"How are you?" という意味。10年以上も前にフィンランドにお友達ができて以来、フィンランド&北欧がお気に入りになったChristineの日記。コメントいただけると嬉しいです★


by ChristineS

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Profile
Finland
Scandinavia
2006 Finland
East Europe
オシゴト
中国出張
Viet Nam旅行
語学
日々アレコレ
Book book
Thailand旅行2006
中国
2007 Finland
Cebu 2007
2008 Poland/Finland
2008 Malaysia
動画 要約バージョン
2009 Spain, Portgue
2010 Honolulu
2011 マイルでSingapore
2011 Spain
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 09月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...

お気に入りブログ

-Sun&Moon Blog-
TERVE !!
GO! GO! FINL...
Wakabun's Diary
Postimerkki ...
横浜猫物語
Kippis!
TOEIC(R) Tes...
Look To This...
*自己満ブログ*from...
Asun Suomessa
MUSIC FROM F...
yururito
Kippis! from...
Wa Connectio...
フィンランド生活 pupu日記
Hej Hej !!
Mustan Kissa...
einfach ein ...
コシバ日記

Link

Logo Design - Company Logos By LogoGuru.co.uk
Logo Design

free counters
フィンランド政府観光局
スカンジナビア政府観光局
フィンランド航空
Central Finland
Norway in a Nutshell
Nordkapp Reiseliv
関西国際空港
World Travel Guide
Helsinki Vantaa airport
Helsingin Sanomat -International Edition-

Wakabun's Homepage
maco-motion
北欧生活
すき!すき!スロバキア

最新のトラックバック

アリッサ・シズニー(Al..
from 【非公式】 東京グリーンコー..
レディース育毛シャンプー
from レディース育毛シャンプー
冷凍野菜の産地偽装
from ルル日記
ツヤ髪の情報
from ツヤ髪の情報
英語のスキルアップ
from 英語マスター日記

ライフログ

Burned Alive

Desert Flower

Desert Dawn

Crossing over: One Woman's Escape from Amish Life

Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal

The Fourth Hand

語り伝えよ、子どもたちに ホロコーストを知る

マサイの恋人

The Notebook

黄沙が舞う日―満州残留婦人、異国の五十年

Slave

チェチェン やめられない戦争

100 Simple Secrets of Great Relationships: What Scientists Have Learned and How You Can Use It (100

マグダレンの祈り

The 100 Simple Secrets of Successful People: What Scientists Have Learned and How You Can Use It (10

The Light in the Window

At First Sight

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧