カテゴリ:Scandinavia( 8 )

H&M心斎橋

スウェーデンのファストファッションブランドH&Mが大阪の心斎橋にOpenしたらしい。
TVで長蛇の列が映っていた。ひぇー。

言ってみればスウェーデンのユ●クロ、並んでまで買うか?と思ったりもするが、少なくともしばらくはこのお店にお金が落ちてゆくだろうから、いいことだ。

並んでまで・・・と思っても、私も香港やスペインではH&Mのセールに夢中だったからなー。
[PR]
by ChristineS | 2010-03-06 18:56 | Scandinavia

お城で旅心

旅心そそる画像を見つけてしまった。お城の映像がたくさん!いくつか写真で見たことがあるものもあった。
海外では、そこにお城があれば必ず行く私にはたまらない~。
歌はSissel Kyrkjebo(シセル・シェルシェブー)、ノルウェーの歌手。


[PR]
by ChristineS | 2008-10-10 21:38 | Scandinavia

世界の果てまでイッテQ

今日はこの番組で、ノルウェーのリーセフィヨルドが出ていた。
ここから写真が見れますよ。
断崖絶壁の頂上に登れるらしい。ここから山田優と矢沢心がスカイダイビング(?)するというもの。
ダイビングは怖いけど、フィヨルドの景色最高!また行きたいなぁ、ノルウェー・・・。

これは私のお気に入りのフィヨルド写真。ノルウェー北部で撮ったもの。前にもここに載せたかも。
f0005602_12451965.jpg

[PR]
by ChristineS | 2008-06-15 12:36 | Scandinavia

Skibotnのメモリー@ノルウェー

ノルウェーSkibotnの海岸で、友達一家がいきなり地面を掘り出した。
出てきたものは・・・、コレ。
f0005602_22455834.jpg

名前は隠してあるけれど、友達ファミリーが前の年にここに来た時、名前をマジックで書いて埋めたもの。
1.8.03(2003年8月1日)と記されていて、"xx(名前) oli taala!"(xx was here!), "xx katin kulta"(kulta=gold, katin=意味忘れた!)などメッセージが。

1年経っていたのによく残っていたものだ。それに、よく場所まで覚えていられたなぁ・・・。
と感心しながら、私も日付、名前、メッセージを書いて、再び元の場所に石たちを埋めた。
"Christine oli taala!"と書いたように記憶している。この石をいつか、また掘り返せるかな?
[PR]
by ChristineS | 2006-01-30 22:53 | Scandinavia

ラップランドの天気

ラップランド地方の天気、とりわけ北部ノルウェーの天候は変わりやすいようだ。2004年夏に訪れたときも、何度か雨に見舞われた。とはいえ、Nordkappへ行く日など、肝心な時は晴れてくれたのはラッキーだった。運が良かったのか、友達のプランが完璧だったのか、はたまたその両方か・・・。

雨が降ると一気に気温が下がるし、場所によっては風も強いので、ダウンまでいかなくても、しっかりした上着が1枚あったほうがいい。
私は関空のセキュリティチェックでGジャンを忘れ、離陸1分前に気づいて軽くパニックになった。Kittilaに着いたとたん、「関空にGジャンを忘れたの!Tシャツしか持ってないよ」と、迎えに来てくれた友達に泣きついた。
幸い、予備の上着が2着あって、寒い時は重ね着していた。この上着のおかげで凍えることは免れたが、メンズでサイズは大きすぎるし、会社のロゴが思いっきり印刷されているので、ちと恥ずかしかった。しかし、ロゴの下には”Technology Team"という文字も入っていて、これがバリバリ文系な私の虚栄心を満たすのに1役買ってくれたのである。(爆)
ま、たまの雨も悪いことばかりではない。車で30分も走れば雨はやんでいることが多かったし、こんな虹も見れたりする。これはノルウェーSkibotnへ向かう途中に撮ったもの。
f0005602_226396.jpg

f0005602_22122734.jpg

[PR]
by ChristineS | 2006-01-28 22:07 | Scandinavia

アルタの岩絵@ノルウェー

2004年夏。Nordkappへ行く途中に、ノルウェーはAltaという街に寄った。

ノルウェー=Nordkapp、フィヨルドくらいしか知識はなかったが、色々調べているうちに、世界遺産に登録されている岩絵がAltaにあるというではないか。このAltaという街は、フィヨルド地帯にある。世界遺産、遺跡という言葉に弱い私は、「是非、Altaの岩絵を見たい」と、友達にAltaの岩絵がらみのURLまで付けてメールを送った。やさしい友達ファミリーは、「ふざけるな」とも言わず、ルートに組み込んでくれ、晴れて「世界遺産」である岩絵を見ることができたのである。感謝。

容赦なく氷河に削られた岩のうえに色々な絵が描かれている。シンプルな絵だけれど、どこか圧倒されるものを感じた。
この岩絵、私の記憶が正しければ博物館とセットで見ることができる(入場料80クローネ)が、屋外にあるので、これも天気が良いことを祈るしかない。ここからのフィヨルドの眺めも最高!
f0005602_23204984.jpg

f0005602_2321587.jpg


おまけ

AltaからNordkappに行く途中、トナカイの群れに遭遇。Cottageのおばちゃんによれば、サーミ(ラップランドの先住民)がトナカイを引き連れて大移動している時期だったらしい。
f0005602_23373940.jpg

f0005602_23375150.jpg

Altaで泊まったCottage。ちょうど停電になっていて、夜10時くらいまで電気が使えなかったけれど、白夜だし、友達はガスコンロを持ってきていたので影響はなし。ちなみに、この子供たちは友達の子ではない。
f0005602_2338939.jpg

[PR]
by ChristineS | 2006-01-23 23:24 | Scandinavia

Nordkapp

ノルウェー最北端の地として有名なNordkapp。2004年7月中旬に訪れたが、ヨーロッパ人旅行者でいっぱいだった。季節も一番いい時期だし。
で、私もそのヨーロピアンにコッソリ混じっていたのだが、このあたりは、写真のような宿が点在している。ここに泊まったのではないけれど、このCottage、かわいかったので写真を撮ってみた。
f0005602_23255145.jpg

Nordkapp滞在中、日本人は一人も見なかったけれど、まさかツアーではこのようなシャワー共同のCottageには泊まらないだろうし、どんなところに泊まってるんだろう?シャワー・トイレ共同でも、格安で泊まれるし、いろいろな国の人とおしゃべりができて楽しいものである。車を見ればどこの国から来たかわかる。たとえばNLはオランダ、というように。

ちなみに、宿からNordkappへは車でないと行けない。徒歩圏内に宿があるのかどうかは不明である。あったとしても法外に高そうだけれど・・・。
従って、Nordkappでシャンペンを開けるという妄想は見事に打ち砕かれ、シャンペンの瓶とコップを抱え、徒歩でMidnight Sunを見れる丘(?)に登ったのだった。
[PR]
by ChristineS | 2006-01-20 23:37 | Scandinavia

フィヨルドとMidnight sun

「死ぬまでに一度は見ておきたいところ」って誰でも1ヶ所くらいあると思う。
私はというと・・・

1.ピラミッド(エジプト)
2.アンコールワット(カンボジア)
3.Midnight Sun(北欧)
4.ノールカップ(ノルウェー)
5.マヤ文明遺跡(ユカタン半島)
6.アウシュビッツ収容所跡(ポーランド)

思いつくところこんな感じ。
3.4は、2004年の夏、晴れて見ることができた。ノルウェーマニアのフィン友+家族に案内してもらい、ノロノロとフィンランドの北部キッティラからノールカップまで北上したのである。

(上から:晴れの日のノールカップ、雨の日のノールカップ、ノルウェー・アルタのCottageで見たMidnight Sun、ノールカップへの道。Skibotnの方面へ行く)
f0005602_21315659.jpg

f0005602_21451416.jpg

f0005602_21462688.jpg

f0005602_21464278.jpg


Cottageに泊まりながら、とりあえず私の帰国日にフィンランドのイヴァロ空港に着くことができるようにと、スケジュールを組んでくれた。雨の日は移動日になったのだ。
肝心のノールカップ観光予定日は、写真の通りしっかり晴れてくれて、はるか海の向こうまで見渡せた。この前日は前方10mさえ見えないくらいの雨だったらしいので、運が良かった。しかも、この翌日も雨で、気温も下がった。
「ノールカップ二日間入場券+通行料」を払った私たちは、晴れの日のノールカップと雨の日のノールカップを見ることができたが、ツアーだと数時間のみのノールカップ滞在で、またもと来た道をとんぼ返りすることが多いらしい。こうなるともう、当日のノールカップの天気がどうかは、運次第だ。
[PR]
by ChristineS | 2005-12-21 21:43 | Scandinavia


"Mita kuuluu"? は英語で"How are you?" という意味。10年以上も前にフィンランドにお友達ができて以来、フィンランド&北欧がお気に入りになったChristineの日記。コメントいただけると嬉しいです★


by ChristineS

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Profile
Finland
Scandinavia
2006 Finland
East Europe
オシゴト
中国出張
Viet Nam旅行
語学
日々アレコレ
Book book
Thailand旅行2006
中国
2007 Finland
Cebu 2007
2008 Poland/Finland
2008 Malaysia
動画 要約バージョン
2009 Spain, Portgue
2010 Honolulu
2011 マイルでSingapore
2011 Spain
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 09月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...

お気に入りブログ

-Sun&Moon Blog-
TERVE !!
GO! GO! FINL...
Wakabun's Diary
Postimerkki ...
横浜猫物語
Kippis!
TOEIC(R) Tes...
Look To This...
*自己満ブログ*from...
Asun Suomessa
MUSIC FROM F...
yururito
Kippis! from...
Wa Connectio...
フィンランド生活 pupu日記
Hej Hej !!
Mustan Kissa...
einfach ein ...
コシバ日記

Link

Logo Design - Company Logos By LogoGuru.co.uk
Logo Design

free counters
フィンランド政府観光局
スカンジナビア政府観光局
フィンランド航空
Central Finland
Norway in a Nutshell
Nordkapp Reiseliv
関西国際空港
World Travel Guide
Helsinki Vantaa airport
Helsingin Sanomat -International Edition-

Wakabun's Homepage
maco-motion
北欧生活
すき!すき!スロバキア

最新のトラックバック

アリッサ・シズニー(Al..
from 【非公式】 東京グリーンコー..
レディース育毛シャンプー
from レディース育毛シャンプー
冷凍野菜の産地偽装
from ルル日記
ツヤ髪の情報
from ツヤ髪の情報
英語のスキルアップ
from 英語マスター日記

ライフログ

Burned Alive

Desert Flower

Desert Dawn

Crossing over: One Woman's Escape from Amish Life

Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal

The Fourth Hand

語り伝えよ、子どもたちに ホロコーストを知る

マサイの恋人

The Notebook

黄沙が舞う日―満州残留婦人、異国の五十年

Slave

チェチェン やめられない戦争

100 Simple Secrets of Great Relationships: What Scientists Have Learned and How You Can Use It (100

マグダレンの祈り

The 100 Simple Secrets of Successful People: What Scientists Have Learned and How You Can Use It (10

The Light in the Window

At First Sight

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧