カテゴリ:East Europe( 17 )

Lúčnica

2月から1か月半ほど、スロバキアから国立民族バレェ団が日本全国ツアーを行っている。Lúčnica(ルチニッツア)というバレェ団だが、初耳だった。
この情報、スロバキア在住のポンセさんのブログから知って、即効チケットを取り、先週見てきた。
ポンセさん、ありがとうございました。芸術に詳しくないので、あやうく知らないままでした。
このLúčnica、スロバキア人たちの情報によれば、歴史が長く、国内でもベストなフォークロアバレエ団だとか。(FBやTwitterで騒いですいませんね)

You Tubeで事前に少し映像を見てから行ったが、当然本物の方が臨場感が何倍もあった。後ろの席だとどれくらい良く見えるか分からないが、1階席7列目で十分、顔も衣装もよく見えた。

女性のあいさつで幕開け。「%&$#*@"$....」ドブリージェン、ヤポンスカ(日本の皆様こんにちは?)しかわからない、と思っていたら、後で日本語も。ほっ。

顔と衣装がよく見えて…、で、他の舞台装置は?→無し。後ろは見事に劇場の壁のみで、衣装、小道具、ダンス、歌だけでストーリーを表現する。
大道具が全くないのに訴えかけるメッセージは強烈で、個人的にはシルクドソレイユのショーのそれより、強かった。ゾクゾクするような感じとデジャヴな感覚、あれは何だったのだろう。
ポンセさんのBlogでは、山や羊の風景が浮かんでくると書かれていて、見る前は正直なところ「大道具もないのにそんなことがあるのかな?」と思っていたのだが(スミマセン!!)、本当に、何故か目の前に雪解けした春のヴィンソケ-タトリ(ハイタトラス)や、雪のヴィンソケータトリ、羊の群れ、緑の草原と川、窓から教会が見える雪に閉ざされた木の家と機織り機…などのイメージが浮かんできた。

冬のヴィンソケータトリ(ひぃぃ)
f0005602_13591615.jpg


春か夏と思われるヴィンソケータトリ
f0005602_1401022.jpg


どっちも写真は拝借!

チェコスロバキアが分離して、社会主義から資本主義に代わり、EUに加盟し、シェンゲン条約にも加盟し、極めつけに通貨まで変わってしまい、私たちからは想像できないほどの変化があったと思われるが、この伝統音楽は変わっていないのだろう。

会場ではDVDやCD、東欧の雑貨が売っていたので、DVDをゲット。雑貨は何故かお隣のハンガリーやチェコのものばかりで、何もここで買わないでもいいかと言う感じ。
で、DVDをさっき一通り見たが、本物には全くかなわない。地デジ化前に買い替えた、そこそこの大きさの液晶テレビで再生したが、ダンスのスピードの再現も限界があるし、ステップや小道具の音の迫力が違う。やっぱり本物が見れて良かった。(だってねぇ、絶対踊りすぎで疲労骨折したり椎間板ヘルニアになったりするんじゃないかって思ったくらい)

ちなみに彼らの最高年齢は26歳らしい。26で定年、でその後はというと、各地の指導者になるのだとか。当然だが、寿退職とかはないのだね。
[PR]
by ChristineS | 2012-03-03 12:59 | East Europe

お茶ショップ@ニトラ

はー、やっとGWだ。

震災からちょうど一カ月ほどたったころ、イケメンから何故か大阪にいる私にメッセが届いた。

Ahoj do Japonska!(こんにちは日本ということ??)皆さん元気ですか?
その後余震は大丈夫ですか?(オフィスの)皆さんにヨロシク! ;)

・・・・・・いや、私がいる関西より東京の方がどっちかというと心配な状況だから東京の人にメッセ送った方がいいと思ったのだけれど・・・。とりあえず東京の公共交通機関はほぼ元に戻った様子で、会社の人間は大丈夫、みんなにメッセージ伝えておきます、ありがとう、ということ、東京近辺でも余震は続いていて、東北のサバイバーの今後の生活と原発が懸念事項だと思うと返しておいた。

それにしても人生楽しそうなイケメン、何故かその後しばらくして、Slovakia首都ブラチのご近所ニトラにあるオーガニックTea shopのURLを送ってきた。
ちょっと見てみてくださいな。私、朝から軽く引いたのだけど・・・、こんなお茶ショップがあるようで。また何故に。

http://www.e-tea.eu/e-shop_cajovna/cajovna-caje/caj_japonsko/

日本人なのに日本茶のことすらよく知らないし、ましてやそんなこと恥ずかしくて人に言えないからどうやって反応したらいいのか一瞬困ったのだけれど・・・。
全く、お茶好きなら日本来た時言ってくれりゃー良かったのに。京都には老舗のツジリがあるんだからさー。

HOMEに飛ぶとますます不思議なホームページだ。(汗)
「来週そのショップに行きます♪またどんなのか教えてあげます」って・・・、頼んじゃいないが、まあ、ちょっと知りたい。
[PR]
by ChristineS | 2011-04-29 02:35 | East Europe

驚いたこと2件

驚いたこと2件!

まずは、あの時の写真を入手した。イケメンのデジカメに入っていたもの。
いろんな人の珍ショットがあったのだが、私が映ってるのも当然あり、やはり、ネタとはいえ、F●C●Sのスクープ写真スレスレだった(爆)。私の基準ではだが、ここに載せるのもどうかという感じ。

もう一件。Facebookに初めて知らない人からメッセージが入っていた。
タトラのコミュニティに入っているのだが、そのコミュのメンバーの人からだった。(しかし、共通語が英語ではないようで、さっぱり分からず、写真だけ楽しんでいる)

「あなたの名前をコミュニティで見つけましたが、どうやってタトリを知ったんですか?」

まあ、マニアックだもんな。私も仕事でかかわりがなかったら一生知らなかっただろうし、その国の首都と場所を瞬時で言える人も少ないだろう。(うちの会社の人で、仕事上かかわりがある人も答えられる人はいなかったくらいだ!)
ましてやタトリは、見る限り東欧ツアーで組まれていることもなく、せいぜい首都半日観光だし。
[PR]
by ChristineS | 2009-11-02 00:39 | East Europe

コルナからユーロへ

スロバキア通貨がコルナからユーロへ変わったのは、2009年1月から(だったと思う)。
たまたまスロバキア人同僚とその話になった。

「そーいえば、通貨がユーロになったんでしょう?」
「よく知ってるねー、そうだよ。まだ慣れなくてどうしてもコルナに換算してしまうんだ。」
「やっぱり?で、物価が上がったりしてる?ビールの値段なんか上がったら困るでしょう?フッフッフ。」
「フッフッフ。んー、ちょっと上がった気もする。これからもっと上がりそうで嫌だなあ・・・」

スロバキアの同僚たちは、年齢的にも殆どが物心ついた時に「チェコスロバキア」の分離を経験している。更にEU加盟、通貨も変わって激動!という感じだろうか。
[PR]
by ChristineS | 2009-06-08 21:38 | East Europe

Jak se mate と Ako sa mas

ガイドブックなどの本によれば、チェコ語とスロバキア語は「大阪弁と標準語」程度の違いだという。

でも・・・、そうは見えなさそうな言葉が!
How are you?は、それぞれの言葉ではこうなる。知らなかった~~。
(読み方は発音に自信がないので省略)

チェコ語: Jak se mate?
スロバキア語: Ako sa mas?

久しぶりにナントカの一つ覚えのチェコ語を、追加で使ってみようと、初めてスロバキア人に、この↑"Jak se mate?"とメールを送ってみた。

「でも、Jak se mate?はチェコ語。スロバキア語ではAko sa mas? :-)」だとすかさず修正が。

すまぬ。008.gif
[PR]
by ChristineS | 2008-05-30 12:41 | East Europe

ラブワゴンはスロバキアへ・・・

「あいのり」のラブワゴン、次の行き先は?と気になっていた私。
なーんと、お隣のスロバキアへ行った!

と喜んだのも束の間、首都ブラチスラバの町並みが映ったと思ったら程なくして、メンバーのしょうもない(なんていってはいけないが)言い争いがクローズアップされ、あれれという間にメンバーは一時帰国、次はアフリカ大陸へ・・・という予告が!

エッ?もうスロバキアはオシマイですか?
ちょっと残念。
[PR]
by ChristineS | 2008-04-14 12:20 | East Europe

Fuel Surchargeにゲンナリ

7月出発のフィンエアは、現時点では空席がまだあるようなので、何社かに航空券の問合せをしている。
フィンエアと、他2社の旅行会社に値段を聞いてびっくり。
Fuel surchargeと空港税もろもろで、高いと5万近く、そうじゃなくても4万近くになる。
Fuel surchargeは同じエアなら同じ金額のはずなのに、その差は何だと突っ込みたいところだが、それは置いておいて。

フィンエアのWeb割では、更に途中降機がチャージされる。

航空券だけの価格を見たら結構いいんだけど、サーチャージの合計額を見ると、いきなりテンション下がるわ。
あ~~~・・・。
[PR]
by ChristineS | 2008-04-11 18:10 | East Europe

今日のあいのりはチェコ

あまり普段は見ないけど、たまたま、「あいのり」を見た。
なーんと、この日はドイツから国境を越えて、Destinationがチェコじゃないか!
この日のメンバーの訪問地、プルゼニュという街は行ったことがないけれど、来週はプラハへ移動らしい。いいなぁ・・・。

現地運転手のチェコ語が少し聞き取れた!・・・とはいっても"Ahoj"(Hi)だけ。アホイ、だ。アホじゃなく。
そしてこの運転手、イケメンだし!何故かアイスホッケーも上手い。

そういえば、あのピンクのラブワゴンは東へ行くと言っていた気がするけど、スロバキアへも行くのかしらん。既に分離した国だけど、どうしてもチェコとスロバキアをセットで考えてしまう私。
そういえば、チェコとスロバキアが分離した時は多分子供だったであろうスロバキア人同僚も、気持ち的にはまだチェコとスロバキアは一つの国のような感覚らしい。プラハに親戚がいると言っていたが、親戚がある日二つの国に分かれて、違う国籍を持つことになるってどんな感じなのだろう。
[PR]
by ChristineS | 2008-03-10 22:46 | East Europe

プラハからの日帰り旅

久々にチェコの話。
首都プラハは観光地としてあまりにも有名だけど、1日足を伸ばしてプラハ近郊の町に出かけるのも個人的にはオススメ。

例えば、地○の歩き方にも載っている人骨教会で有名な町、クトナー・ホラへ行く途中には、こんなのんびりした町並みも楽しめる。これは電車の中から撮影したもの。
教会の写真はこちら


ローカル色が強くなる列車の旅、難点は少なくともプラハに限って言えば、英語が通じにくくなること・・・。
[PR]
by ChristineS | 2007-04-04 16:36 | East Europe

またチェコに行きたいの

と、再びプラハ行きたい病が出てきた今日この頃。
たまに「またプラハ行きたいな~」と懐かしく思い出し、時には「また大韓航空で飛んで、できれば前と同じくらい安い宿があれば・・・。今度は地方もいいかも」と妄想が止まらなくなるのだが、お隣のスロバキアにはプラハからバスでどれくらいかかるのかなー、なんてことも想像していた。

そんな時にスロバキアオフィスに電話すると、いつもの担当者じゃない人が出た。ちょうど私の話したかった相手は席を外していたので、どこからともなく、雑談をしていて、「プラハには行ったことあるよ」という話になった。そしたら「お!すごい!じゃあスロバキアにはいつ来る?」とこの謎のスロバキア人は聞いてきた。

いやー、そう簡単にヨーロッパには行けないよな。それに今寒そうだし!
あと、お恥ずかしいことながら、スロバキアオフィスの場所を正確には知らないのだ。首都プラチスラバからどれくらいなんだろう・・・。

写真はプラハ中心部。この橋こそが、かの有名なカレル橋。
f0005602_23273912.jpg

[PR]
by ChristineS | 2007-01-09 23:13 | East Europe


"Mita kuuluu"? は英語で"How are you?" という意味。10年以上も前にフィンランドにお友達ができて以来、フィンランド&北欧がお気に入りになったChristineの日記。コメントいただけると嬉しいです★


by ChristineS

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Profile
Finland
Scandinavia
2006 Finland
East Europe
オシゴト
中国出張
Viet Nam旅行
語学
日々アレコレ
Book book
Thailand旅行2006
中国
2007 Finland
Cebu 2007
2008 Poland/Finland
2008 Malaysia
動画 要約バージョン
2009 Spain, Portgue
2010 Honolulu
2011 マイルでSingapore
2011 Spain
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 09月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...

お気に入りブログ

-Sun&Moon Blog-
TERVE !!
GO! GO! FINL...
Wakabun's Diary
Postimerkki ...
横浜猫物語
Kippis!
TOEIC(R) Tes...
Look To This...
*自己満ブログ*from...
Asun Suomessa
MUSIC FROM F...
yururito
Kippis! from...
Wa Connectio...
フィンランド生活 pupu日記
Hej Hej !!
Mustan Kissa...
einfach ein ...
コシバ日記

Link

Logo Design - Company Logos By LogoGuru.co.uk
Logo Design

free counters
フィンランド政府観光局
スカンジナビア政府観光局
フィンランド航空
Central Finland
Norway in a Nutshell
Nordkapp Reiseliv
関西国際空港
World Travel Guide
Helsinki Vantaa airport
Helsingin Sanomat -International Edition-

Wakabun's Homepage
maco-motion
北欧生活
すき!すき!スロバキア

最新のトラックバック

アリッサ・シズニー(Al..
from 【非公式】 東京グリーンコー..
レディース育毛シャンプー
from レディース育毛シャンプー
冷凍野菜の産地偽装
from ルル日記
ツヤ髪の情報
from ツヤ髪の情報
英語のスキルアップ
from 英語マスター日記

ライフログ

Burned Alive

Desert Flower

Desert Dawn

Crossing over: One Woman's Escape from Amish Life

Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal

The Fourth Hand

語り伝えよ、子どもたちに ホロコーストを知る

マサイの恋人

The Notebook

黄沙が舞う日―満州残留婦人、異国の五十年

Slave

チェチェン やめられない戦争

100 Simple Secrets of Great Relationships: What Scientists Have Learned and How You Can Use It (100

マグダレンの祈り

The 100 Simple Secrets of Successful People: What Scientists Have Learned and How You Can Use It (10

The Light in the Window

At First Sight

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧