<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

海外研修の前に・・・

Excite エキサイト : 社会ニュース

絶句・・・。
海外研修でで見聞を広めるのも結構だけどさ、

公共のものを破壊したり落書きしたりすることはいけません

という幼稚園の道徳から「研修」したほうがいいよ。
海外で浮かれてたというのは言い訳にならない。

さらにあきれるのは、落書きに対する処罰の甘さ。手ぬるすぎる。費用請求がフィレンツェからされなかったから?
口頭で厳重注意とはどの程度なのか不明だが、彼女ら、喉元過ぎたら同じようなことするんじゃないのか?

個人的な感情だけで言わせて貰えば、

1.本名、顔写真公表
2.どうせこの売り手市場で既に企業なり役所なりから内定は貰っているのだろうから、内定取り消し!(このご時世、こんな常識知らずでも企業にとっては内定取り消しは惜しいのかしら?採用費用かかってるしね)
3.一生社会人としての道を閉ざす
4.海外はもちろん、半径500mから外に出ないで!日本の恥。

くらいのペナルティでちょうどいいかも。いい大人なんだから。
[PR]
by ChristineS | 2008-06-25 21:49 | 日々アレコレ

ヒキコモリ

マズイ。今日1日ほとんど寝てすごしてしまった。

9:00 起床、朝食、洗濯
10:30 読書、ネットサーフィン
12:00 昼食

ここまではいいのだが、

14:00 普段はここでジムへ出かけるはずだが昼寝・・・。18:00まで爆睡。

だめじゃん。病気だろうか?
[PR]
by ChristineS | 2008-06-21 22:00 | 日々アレコレ

歯医者通い

仕事の後、遅くまで診療している歯医者へ。今月は奇跡のように落ち着いていることが多いおかげで、夜7:30の予約時間にも余裕。

何箇所か虫歯を治して、そのうち親知らずも一本抜かないといけないらしい。しかもその親知らずは普通にまっすぐ生えているのではなく、斜めにというか、とにかくヘンな生え方なので、大規模な病院で2回に分けて抜かないといけない、といわれて恐怖。

さすがに、去年フィンランドへ出発する前日にいきなり抜くというようなレベルじゃないものの・・・。
去年は普通に生えている親知らずでよかった。
[PR]
by ChristineS | 2008-06-20 15:36 | 日々アレコレ

ラーニア王妃

まだ挫折していない教材、「ダボス会議で聞く世界の英語」をすきま時間に聞いているうちに興味を持った人物がいる。
ヨルダン王国のラーニア王妃。HPまであるとは!

女性、子供の、弱者の地位向上に尽力していること、教材の音声やダボス会議のHPの動画のスピーチからも強い意志がビシビシ感じられて、久々に感銘を受けた。
"Equalizing"がキーワードなのだろう。
ご本人自ら、You Tubeでも情報発信している様子。びっくり。
これが動画の一つ。英語だけど、すばらしいスピーチ。
女性への暴力が存在することを認める一方、それはアラブ世界に限ったことでなく全世界で起きていて、恥ずべきことだと言い切っているし、「名誉の殺人」のことにも言及している。毎年20件、確かにヨルダンを含むいくつかの国で名誉の殺人は起きていて、それは「名誉」なんかではない、とも。
・・・ここまで言い切って、身辺は大丈夫かしら?

「ダボス会議で聞く世界の英語」で紹介されているスピーチの方が聞き応えあるけど、今You Tubeでも見つけられなかったのが残念・・・。

ちなみにラーニア王妃、クウェート生まれで、アブドゥッラー皇太子(当時)と結婚する前はシティバンクに勤務していたというキャリアウーマンだったそうだ。
確かに、王妃、というより才色兼備のキャリアウーマンという感じにも見える・・・。
[PR]
by ChristineS | 2008-06-19 20:55 | 語学

コストカッター

今、海外輸送費のコストカッターと化している。
私が経理の翻訳に明け暮れている間、それが終わって、自分の周りの輸送費も見直し、ちょっとマッタリモードだった間に別の部署ではとんでもない輸送費の無駄が出ていることが発覚し、慌てて何社か見積もりを取った。

これも即効で全ての会社から費用が出てくるわけでもなく、それぞれ全体的なコスト比較、利便性などを比較しないとならず、当事者たちもこの輸送問題ばかりにかかわっているわけにもいかず、である程度時間を要してしまうのだが・・・。
何とか旅行前にケリをつけてしまいたいところだ。

だからこっちも必死でコスト計算をして、業者がくるまでの時間もやること満載だってのに、朝っぱらから「あのぉ、お茶っぱがないんですけどぉ・・・」「あのぉ、砂糖がないんですけどぉ・・・」と、のんびり話しかけないで!勝手に茶でも砂糖でも塩でも取ってってよ!
イライラ・・・。
[PR]
by ChristineS | 2008-06-18 21:28 | オシゴト

メキシコ料理

取引先の人に、大阪市某所でメキシコ料理をご馳走になった。
何でも、接待予算を使ってないじゃないか!と、経理から突込みがはいったらしく、急遽お誘いをいただいた。

メキシコ料理は大学生の時アメリカで一度食べたきり。(お隣の国だからメキシコ料理店はたくさんあるのだ)
メニューがカタカナで書かれてあるのだが、写真がないものだとどんな料理か想像も付かないので、ほとんどチョイスはお任せ・・・。
辛いものも頼んだけど、パンチ効きすぎでもなく、ちょうどいい感じ。

最後、デザートとコーヒーまで食して、お腹一杯・・・。ヨロヨロヨロ。
女性客比率が高かったこのレストラン、いいかも。今度何かあったら個人でも来たいところ。
[PR]
by ChristineS | 2008-06-16 09:33 | オシゴト

世界の果てまでイッテQ

今日はこの番組で、ノルウェーのリーセフィヨルドが出ていた。
ここから写真が見れますよ。
断崖絶壁の頂上に登れるらしい。ここから山田優と矢沢心がスカイダイビング(?)するというもの。
ダイビングは怖いけど、フィヨルドの景色最高!また行きたいなぁ、ノルウェー・・・。

これは私のお気に入りのフィヨルド写真。ノルウェー北部で撮ったもの。前にもここに載せたかも。
f0005602_12451965.jpg

[PR]
by ChristineS | 2008-06-15 12:36 | Scandinavia

ボーナスキター

やっとボーナス日!
毎日働いていれば今度も普通に出るかな、とか今度はやばそうとか、大体予想がつくものだし、事前に支給額(x.xヶ月)が通知されるからわかってはいるが、明細を見るとうれしくなるもの。
基本給が微微たるものだからボーナスもしかり、だけどね。ま、それでも社会人人生で最大額なのでよしとする。

当然私以外の人はも~~~っと基本給が高いので、支給額も半端じゃないんだろうなーと思うとむなしいが、考えないようにしよう・・・。
彼らほどボーナスが出たら、人生楽しくて楽しくてたまらんだろうなー、なんてありえないのに思ってしまった今日。

ボーナスはその日のうちに生活費の貯蓄、自分の虎の子貯蓄に移動・・・。クリックひとつで「手をつけてはいけないお金」となってしまい、またしても、給与振込みされる口座は寂しい残高に。

また今度(来年!)の基本給Upめざして、私のやってることがMcJobと評価されないように要所ごとにアピールしつつ、しょうもない雑用をひっかぶらないように気をつけつつ、肝心なところでは自分の身も守りつつ、地道に仕事・・・。
[PR]
by ChristineS | 2008-06-13 13:24 | オシゴト

フィンランドは夏休み

フィンランドの学校はただいま夏休み真っ最中~~。フィンランドだけじゃないけど。
約2.5か月のながーい休み。うらやましいぞ。その子供にあわせて休みをとる勤め人も多い様子。
フィン友兄の会社でもかなりの人が休暇に突入し、オフィスはガラガラ・・・だそうだ。
なのに、「オレの嫌いな奴が来る!奴(女性)はろくに仕事もしないくせに詮索ばっかりするからウザイ!」と、まあこのいい季節に災難な・・・。確かにこんな奴職場にいたら嫌だよねぇ。

それはさておき、フィンランド政府観光局のHPによると、フィンランド人の平均夏休み予算は、
一家族当たり1410ユーロ(約233000円)だそうで!

ちなみにスウェーデン人は平均1375ユーロ(約227000円)、デンマーク人は1,690ユーロ(約278,900円)、ノルウェー人は2,515ユーロ(約415,000円)。

記事はここ

これを高いとみるか安いとみるか?日本と違って夏休みはドンと4週間取る人も普通にいるから、まあ家族でこれくらいの出費になるのだろう。

会社にもよるのだろうが「夏休み手当て」なるものが基本給の半分ほど支給されるので、家計がイッキに吹っ飛ぶということも防げるのが羨ましい。フィン友は今専業主婦だけど、フィン友兄に聞いてみるとこの手当て、結構な額だった。
[PR]
by ChristineS | 2008-06-11 17:12 | Finland

中国再訪?

上司が今進めているある大きな案件のため、私も中国へ出張との説が流れている。通訳兼今後の輸入がらみの担当ということで同行となるのだが(現地には日中通訳者もいるらしい)、この出張が決まるとすると、今までの深浅、天津出張よりかなりデンジャラスな旅路となりそうな気配。「私、7/12からはちょっと・・・」と、休暇だぞとほのめかさなくてはならなかったが、どちらにせよ、詳細を詰めてからになるので、早くても8月かそれより後だろう。

この案件に絡んでいる取引先とも話をしていたのだが、・・・
1.場合によっては聞いたことないような都市に飛行機で飛ぶことになるかも
2.中国国内線の機内食は絶対に食べてはいけない。見かけも怪しげ。おなかを壊すこと間違いなし。
3.前そのオジサンが行った時は、レストランでヘビの肉が出てきた。意外とおいしいとか?
4.間違っても屋台でものを食べてはいけない(これは北京でガイドさんにも言われた)
5.泊まったホテルは深夜1時に戻ってきたらフロントが真っ暗で無人だった。危険だよ!!!つーか、私はそんな遅くまで遊び歩かないよ。まして天津とかと違って何にもない所だったら。
6.でかいゴルフ場がある(ゴルフするなら寝てたい)

どこまで本当かはわからないけど、そんなのイヤー!!出張時だけは病気になりたくない。日本から正○丸持っていっても効かなそう。
[PR]
by ChristineS | 2008-06-10 22:23 | オシゴト


"Mita kuuluu"? は英語で"How are you?" という意味。10年以上も前にフィンランドにお友達ができて以来、フィンランド&北欧がお気に入りになったChristineの日記。コメントいただけると嬉しいです★


by ChristineS

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
Finland
Scandinavia
2006 Finland
East Europe
オシゴト
中国出張
Viet Nam旅行
語学
日々アレコレ
Book book
Thailand旅行2006
中国
2007 Finland
Cebu 2007
2008 Poland/Finland
2008 Malaysia
動画 要約バージョン
2009 Spain, Portgue
2010 Honolulu
2011 マイルでSingapore
2011 Spain
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 09月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...

お気に入りブログ

-Sun&Moon Blog-
TERVE !!
GO! GO! FINL...
Wakabun's Diary
Postimerkki ...
横浜猫物語
Kippis!
TOEIC(R) Tes...
Look To This...
*自己満ブログ*from...
Asun Suomessa
MUSIC FROM F...
yururito
Kippis! from...
Wa Connectio...
フィンランド生活 pupu日記
Hej Hej !!
Mustan Kissa...
einfach ein ...
コシバ日記

Link

Logo Design - Company Logos By LogoGuru.co.uk
Logo Design

free counters
フィンランド政府観光局
スカンジナビア政府観光局
フィンランド航空
Central Finland
Norway in a Nutshell
Nordkapp Reiseliv
関西国際空港
World Travel Guide
Helsinki Vantaa airport
Helsingin Sanomat -International Edition-

Wakabun's Homepage
maco-motion
北欧生活
すき!すき!スロバキア

最新のトラックバック

アリッサ・シズニー(Al..
from 【非公式】 東京グリーンコー..
レディース育毛シャンプー
from レディース育毛シャンプー
冷凍野菜の産地偽装
from ルル日記
ツヤ髪の情報
from ツヤ髪の情報
英語のスキルアップ
from 英語マスター日記

ライフログ

Burned Alive

Desert Flower

Desert Dawn

Crossing over: One Woman's Escape from Amish Life

Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal

The Fourth Hand

語り伝えよ、子どもたちに ホロコーストを知る

マサイの恋人

The Notebook

黄沙が舞う日―満州残留婦人、異国の五十年

Slave

チェチェン やめられない戦争

100 Simple Secrets of Great Relationships: What Scientists Have Learned and How You Can Use It (100

マグダレンの祈り

The 100 Simple Secrets of Successful People: What Scientists Have Learned and How You Can Use It (10

The Light in the Window

At First Sight

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧